2008年05月06日

3/キリンジ




あー素晴らしきネオ・ニューミュージック!スティーリー・ダンと小田和正とはっぴぃえんどの面々が「2抜け」マージャンをしているかのような、何とも「言葉少なな熱血漢」アルバム。言外の意味にこそ本質が宿っているのだ。比類なきコードワーク、メロディーのテンション的解釈、そして洋楽的ファンタジックな歌詞。

これらはすべて男なら誰しもが持つ「照れ隠し」なのだ。愛すべき人に真直ぐに「愛してるよ」といえない男達への讃歌が鏤められている!

m-6「エイリアンズ」最高!
泣けます!
posted by manzo at 10:36| ドバイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。