2011年01月05日

手術

年末に母が緊急入院した。


病名は「椎間板ヘルニア」


高齢者がこの病を発症することは、そう珍しいことではないだろう。
うちの母とてその例外でない。



今週末の金曜日、手術が行われることが決まった。
それに当り、身体検査が行われ、その結果心筋梗塞の疑いがあることが判明した。
その報告を本人から僕は受けた。
母「いやぁ、先生がね『これじゃ手術できないかもね』って」
萬「そうかぁ・・・。」

と言われ、僕は憔悴していたのだけどその翌日に

「金曜日手術だって」

と淡々と母からの報告がまた電話であった。


病院から僕や父の所に直接今のところ連絡はない。
家族に相談するレベルなら確実に連絡があるだろうから、
僕ら家族としては医師の英断に身を委ねるほかない。


母さん、あなたを待っている人がたくさんいます。
何とか、戦い抜いてください。
成功した暁には、心臓のほうも、いたわろうね。
長年酷使した臓器だから、大事にケアしてやるのがいい。



成功を祈ってるよ!



posted by manzo at 11:53| ドバイ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は昨年卵巣のう腫が発覚し、手術しました。良性だから大丈夫だと分かっていたものの、入院さえ初めてだったので、最初はとても恐怖でした。そういう時って、周囲の心配する気持ちにも煽られて、更に精神的に参ってしまうので、manzoさんはお母様の前では明るくされて下さいね!絶対大丈夫ですから!!お医者様とお母様を信じて、笑顔で乗り越えて下さい。陰ながら応援させて頂きます♪
Posted by あこ at 2011年01月05日 13:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。