2005年01月20日

このごろのマイブーム(死語)です。

godman

こいつはゴッドマンというそれはそれは何とも頼りない(^^)ヒーローでして、何とも愛くるしくもあり、まるで自分を見ているようでもあり、応援したくなるキャラクターであります。

昭和47〜8年に日本テレビ系列で放映されていた様ですが僕はまだ3才にも満たなかったのでリアルタイムでの記憶はありません。が、とある掲示板にいろいろ掲載されていて、一気にファンになりました。この正義の味方といい相手役の怪獣といい、何せちゃっちぃのでありますよ(^^)。最高です。

これからツタヤに行って「ゴッドマン」シリーズのビデオを見て楽しみたい所でありますが果たして現存するのかどうか・・・・

情報お待ちしております(^^)

posted by manzo at 00:23| カイロ ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔の番組ですね?
私は若いからよくわかりませんが、なんだかすごく楽しそうな感じがしますね。
主題歌なんかもいい感じなんでしょうね。
たぶん「えすおーえすえすおーえすえすおーえす
えすおーえすえすおーえすえすおーえすゴッドマ〜〜〜ン」とかそういう感じで………


あ、いや、私は若いからよく知りませんよ?
Posted by 呆れ三十代 at 2005年01月24日 20:02
manzoさん。はじめまして〜
この前「勇み足ブルースDVD」買わせていただきましたよ。「炎のエビフライ」がイカス〜。

さて、「ゴッドマン」ですか。たしかビデオとかDVDにはなってなかったと思います。ただCS放送のファミリー劇場でこの前まで放送していた筈ですが残念ながらもう終わってしまっていて、今は同じ「おはよう子供ショー」内で放送していた後番組「行け!グリーンマン」が放送されてます。ちょっと観てみたのですが、こっちもかなりアレな内容で楽しめました。

今回私がたまたま観た回のタイトルが「グリーンマン 対 女装怪人」といきなりインパクト最高です。内容は悪の魔王の部下のトンチキ(何故か唐草模様のほっかむりをしている怪物で、女言葉だ。メスなのか?)が戦闘員に女装させて、油断した子供を風船に仕込んだ薬物で洗脳してグリーンマンを攻撃させるといったモノなんですが、舞台が終始近所の公園なので独特のほのぼの感が溢れまくってます。しかもグリーンマン、女装した戦闘員にボコられまくってるし。2人が戦う脇ではトンチキが「ホラ、そこよ!」「あら、やられた!」とか実況中継をしてくれますがこれが鬱陶しいかというと、さにあらず。この魔王とトンチキの会話がコミカルで楽しいったら。一方、グリーンマンは必殺技の名前を叫ぶだけというストイックぶり。ウルトラマンのような「ヘヤッ!」という声さえなくひたすらマシーンのように戦うだけで感情移入の難しいこと難しいこと。悪の方が妙に人間的なのは如何なものか。戦闘中、女装怪人が投げた爆弾がトンチキに当たりトンチキがリタイア。気絶したトンチキを起こすために魔王が水をかけようとするが悪の巣窟は断水中だ!(笑)しょうがないから戦闘員の一人が小便で代用。トンチキ戦闘に復帰するも、すぐ子供の洗脳がとけて逃げられるとグリーンマンの攻撃にも容赦が無くなった。逃げるトンチキ。怯える女装怪人を胸のマシンガンで木っ端微塵にするグリーンマン。いやあ、これだけの濃い内容でわずか10分足らずとは・・・(1回の放送が3分位、3回で1話といった構成のようです。)これからも観ようかなと思わせるだけのインパクトがありました。
manzoさんも機会と機械(CSチューナー)があったら是非観てください。

つい熱くなって長々と駄文を続けてしまってスミマセンでした。manzoさん、次は架空の特撮ヒーローの主題歌なんて作ってみてはいかがでしょうか。CD出たら絶対買いますよ!
Posted by いぬえんどう at 2005年02月02日 02:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブレイク関係いろいろ
Excerpt: 「日本のベストサイトはこれだ!話題賞」にてリアランドさんがノミネートされていたわけです。 結果は10位ということでした。 眞鍋かをりさんブログの一個下、ですね。うん、良い位置だ。(何が?) 予想通..
Weblog: ネット系ミュージシャン徒然日記
Tracked: 2005-01-25 04:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。