2011年03月16日

平凡という宝物

なんのきない、ごくごくありふれたことが、すんごく宝物だったということを、

こんなことになって気付いた。



いつもの仲間。


いつもの場所。


いつもの笑顔。





我ながらいつものこととはいえ、愚かしいと思う。


そんな当たり前、絶対にないんだよ。






今あるみんなの顔に、早くもとの笑顔が戻りますように。。。






だからもう、うつむいてうずくまるのはやめる。






早く、


キラキラと輝く、


なんのきない、


ごくごくありふれた、


あの平凡な朝日を見るために、





顔を上げないとね。






宝物は、自分で探しに行かないとね!



posted by manzo at 01:29| ドバイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。